WiMAXならGMOとくとくBBが最もオススメ!業界最安値の秘密と注意点を解説!

ポケットWiFiの評判
この記事は約8分で読めます。

WiMAXのプロバイダでとても人気があるのが、「GMOとくとくBB」です。

どんちゃん
どんちゃん

ふぁい子ー!
GMOとくとくBBってよく聞くけど、なんでこんなに人気なの?

ふぁい子
ふぁい子

フフフ…GMOとくとくBBの安さの秘密はなんといっても選べる特典!

最大31,600円の高額キャッシュバックか、3年間で総額30,808円を割引するキャンペーンを実施しているからなのよ…!

理由は明確で、WiMAXのサービスの優劣は月額料金の安さで決まるから。
WiMAXのプロバイダはUQ WiMAXから回線を借りてサービスを売り出しているため、通信速度など回線の繋がりやすさが比較対象にならないのです。

GMOとくとくBBは、キャッシュバックや月額割引の特典が豊富なため、実際に負担する料金が安いサービスなのです!

ふぁい子
ふぁい子

でもね…安いといっても注意点がいくつかあるの。
しっかりサービス内容を把握して契約しないと痛い目に合うわよ…!

それでは、注意点を踏まえGMOとくとくBBについて解説していきます!

GMOとくとくBBのおトクな特典の秘密!

まずは結論から。GMOとくとくBBがおすすめな人は、最新WiMAX端末で支払総額を安く抑えたい方です。

3年間で負担する支払い総額を、GMOとくとくBBと代表的なWiMAXプロバイダを比較してみました。

GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(月額割引)
JP WiMAX
(Amazonギフト)
Broad WiMAX縛りなしWiFi
対象端末W06 / W05W06 / WX05 / W05W06 / WX05 / W05W06 / WX05 / W05W04 / WX05
契約期間3年間3年間3年間3年間なし
月額
(1〜2ヶ月目)
3,609円2,170円2,800円2,726円3,300円
月額
(3〜24ヶ月目)
4,263円3,480円3,500円3,411円3,300円
月額
(25〜36ヶ月目)
4,263円3,480円4,100円4,011円3,300円
支払い総額152,160円122,660円131,800円128,626円118,800円
実質負担額
(支払い総額 – キャッシュバック)
122,060円122,660円121,800円128,626円118,800円
実質月額
(実質負担額 ÷ 36ヶ月間)
3,390円3,407円3,380円3,572円3,300円
ふぁい子
ふぁい子

それではどんちゃん、問題です。
この中で最もお得なWiMAXプロバイダはどこかしら?

どんちゃん
どんちゃん

えっ!実質月額が一番安い「縛りなしWiFi」…かな?

ふぁい子
ふぁい子

そうよね!その観点だと「縛りなしWiFi」が最もお得ね。
でも対象端末をよく見ると、縛りなしWiFiは古い端末しか取扱をしていないの。

お得って言葉はとっても曖昧。だから、その人がどういった条件を求めているかによって、最適なプロバイダは違ってくるわ。

どんちゃん
どんちゃん

なるほど…!
それだとそれぞれプロバイダのお得がこんな風に思えてきたよ!

  • 「最新端末で3年間の支払い総額を抑えたい人」はGMOとくとくBB
  • 「最新端末で実質月額を抑えたい人」はJP WiMAX
  • 「古い端末でも良いから、料金を抑えたい人」は縛りなしWiFi
ふぁい子
ふぁい子

やるじゃない!正解よ!
ここからは、どんちゃんの上げた3つのお得の基準でプロバイダを比較していくね!

「最新端末で3年間の支払い総額を抑えたい人」はGMOとくとくBBがオススメ!

GMOとくとくBB WiMAX2+

最新端末で3年間の支払総額を抑えたい場合、比較対象は「GMOとくとくBB」と「Broad WiMAX」です。「月額料金」と「乗り換えサポート」で比較をするのがオススメです。

月額料金に注意!更新月の対応方法について考えよう!

まずは月額料金について解説します。
3年の支払い総額ではGMOとくとくBBの方が安いのですが、契約更新月である37ヶ月目以降はBroad WiMAXの方が安いのです。

GMOとくとくBB
(月額割引)
Broad WiMAX
3年の支払い総額122,660円128,626円
37ヶ月目以降の月額料金4,262円4,100円
解約違約金0ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目〜36ヶ月目:9,500円
37ヶ月目(契約更新月):0円
0ヶ月目~24ヶ月目:24,800円
25ヶ月目〜36ヶ月目:9,500円
37ヶ月目(契約更新月):0円
どんちゃん
どんちゃん

なるほど…それじゃあ3年以上長く使い続けるならBroad WiMAXの方が良いってことだね。

ふぁい子
ふぁい子

フフフ…どんちゃん、甘いわね。
確かに37ヶ月目以降も使い続けるなら、Broad WiMAXの方が安いわ。

でもとっておきの裏技、「解約後に再契約」をすれば新規契約したときと同じ月額料金の割引を受けることができるの。

つまり、3年後の契約更新後にきちんと解約して、再契約すればお得にWiMAXを利用することができるのですが、「契約更新月なんて覚えていられない」というのがホンネの方も多いはず。

そこで「Broad WiMAXの乗り換えサポート」を利用した当メディアおすすめの方法を伝授します!

解約違約金を免除!Broad WiMAXの乗り換えサポート!

Broad WiMAXでは、他社Wi-Fiサービスから乗り換えを行う際に発生する、違約金を最大19,000円まで負担するサービスがあります。

ですので、GMOとくとくBBの契約更新月を逃してしまっても、Broad WiMAXに乗り換えを実施すれば、違約金なし(支払い後、現金キャッシュバック)で安い月額利用料のWiMAXを使うことが出来ます。

またBroad WiMAXの場合は「いつでも解約サポート」など契約後のサポートも充実しており、指定するインターネット回線への乗り換えを、違約金無しで実施できます。

万が一引っ越し先でWiMAXがつながらないなどのトラブルがあった際は、便利なサポートですので、WiMAX初心者の方はBroad WiMAXでの契約もおすすめです。

BroadWiMAX
ふぁい子
ふぁい子

サポート面だと、Broad WiMAXは郡を抜いて手厚いわ!
料金で選ぶならGMOとくとくBB。3年後の契約更新以降に改めて、どちらのプロバイダで契約するかを考えるのがオススメのプロバイダ契約術よ!

「最新端末で実質月額を抑えたい人」はJP WiMAXがオススメ!

WiMAXを実質最安値で契約できるのはJP WiMAXです。

JP WiMAXの料金プラン

ですが、契約には注意点が必要で「auスマートバリューmineが適用されない」ということがあげられます。つまりauユーザーはGMOとくとくBBで契約した方がお得に利用できるのです。
適用されるプロバイダは以下の通り。

auスマートバリューmine 対応プロバイダ

UQ WiMAX / GMOとくとくBB / So-net / @nifty / Broad WiMAX / BIGLOBE / J:COM

auユーザーとそうでない方との比較をしてみました。

GMOとくとくBB
(月額割引)
JP WiMAX
auユーザーの実質負担額
auフラットプラン20を利用の場合)
86,660円121,800円
auユーザーの実質月額
auフラットプラン20を利用の場合)
2,407円3,383円
auユーザー以外の実質負担額122,660円121,800円
auユーザー以外の実質月額3,404円3,383円

auスマートバリューmineは厳密に言うと、ご利用中のスマホの利用料から割引サービスです。WiMAX単体での利用料だとJP WIMAXに軍配が上がりますが、auとのセット割を考慮するとGMOとくとくBBの方が安くなるのです!

ふぁい子
ふぁい子

それに、JP WiMAXの口コミ・評判があまりよろしくないというのも心配の一つね。
JP WiMAXは2018年に出来たばかりのサービスだからか、カスタマーの対応が他のプロバイダと比べるといまいちなの。

わたしも申し込んだ際に、最新端末がなかなか届かずにカスタマーと連絡が取れないことがあったわ。

このようにTwitterでの評判はあまり良くありません。
WiMAXの契約のメリットの1つに、即日発送ですぐに使えるということがあげられますので、これでは契約の意思決定が難しいですよね。

どんちゃん
どんちゃん

確かにJP WiMAXで契約を即決するのは恐いですね…。
若いサービスだから、今後のサポート体制に期待したいですね!

「古い端末でも良いから、料金を抑えたい人」は縛りなしWiFi

とにかくWiMAX料金を安く抑えたいなら縛りなしWiFiがおすすめです。

縛りなしWiFi

ですが、残念ながらこちらのサービスもauスマートバリューmineの割引適用外のプロバイダですので、auユーザーなら迷わずGMOとくとくBBを選ぶことをオススメします。

GMOとくとくBB
(月額割引)
縛りなしWiFi
auユーザーの実質負担額
auフラットプラン20を利用の場合)
86,660円118,800円
auユーザーの実質月額
auフラットプラン20を利用の場合)
2,407円3,300円
auユーザー以外の実質負担額122,660円118,800円
auユーザー以外の実質月額3,404円3,300円

縛りなしWiFiを契約したいという方は、最新端末を使わないことのデメリットをしっかり理解しましょう。型落ちしている端末を使用せねばなりません。

端末の性能を比べてみました。

参照元:ネットの教科書

下り・上り速度での比較すると明確で、最新端末のW06がもっとも性能の良い端末だということが判ります。

WiMAXはあくまでも持ち運び用の端末ですので、通信速度が低下するとストレスがたまります。
少しでも快適な通信環境を求めるなら、縛りなしWiFiはおすすめ出来ません。

まとめ:GMOとくとくBBはバランスの良い価格帯のプロバイダ

最後に結論ですが、GMOとくとくBBは非常にバランスの良いプロバイダです。

20年以上プロバイダとしての経験もあるので、カスタマーの対応も安心できます。
3年間での支払い総額や実質月額などの価格に関する指標で比べても、全ての指標で平均して2位〜3位という結果でした。

ですので「これまでご説明した指標で比較しても決められない!」という方は、迷わずGMOとくとくBBでWiMAXを契約することをおすすめします!

GMOとくとくBB WiMAX2+
ふぁい子
ふぁい子

最後にWiMAX以外の選択肢もおすすめしておくわ。

その名もどんなときもWiFi!変な名前をしているけど、料金も安くて通信の繋がりやすさはNo.1!

どんなときもWiFiマニアがおすすめするポケットWi-Fiランキングを掲載しておくので、契約の際の参考にしてみてください!

どんなときもWiFi
どんなときもWiFi(芸能人有)

これから新規にポケットWi-Fiを契約したい方にとって、「どんなときもWiFi」はもっともオススメのサービスです。
通信制限なしで使い放題、さらに海外へも端末を持っていくだけで、通信を接続できます!高機能なのに、月額料金も3,480円〜と決して高くはありません!

国内では「docomo・au・SoftBank」の回線でもっとも電波の良い回線をキャッチしてくれるため、スマホの電波が繋がるところならどこでも繋がります。まさに繋がりやすさNo.1のポケットWi-Fiです!

GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX2+

3年間での総支払額をとにかく抑えたいという方にとって「GMOとくとくBB」はもっともオススメできるWiMAXのプロバイダです。
ギガ放題プランが初月〜2ヶ月目までの間3,909円と割安なのと、最大39,000円キャッシュバックと高額キャッシュバックを実施しているのも特徴です。

ただしキャッシュバックを実際に受け取ることができるのは、11ヶ月後…。
ですので、手続きなど忘れてしまいそう!という方は「月額割引キャンペーン」をご利用になってください!こちらを利用すれば、実質月額3,455円でご利用になれますよ!

Broad WiMAX
BroadWiMAX

2位のGMOとくとくBBとよく比較されるのが「Broad WiMAX」です。大きな違いのあるポイントで最大限の特徴としてあげられるのが、乗り換えの保証サービスです。
他社Wi-Fiサービスから乗り換え時にかかる違約金を負担してくれたり、万が一ご利用の地域でWiMAXが繋がりにくかった場合、指定のWi-Fiサービスへの乗り換えを無償で行ってくれます。つまり乗り換えに関する違約金リスクがないWiMAXのプロバイダなのです!

また、初月〜2ヶ月目まで2,726円と業界の中でも安いプロバイダ。価格面でも、おすすめできるWiMAXプロバイダです!

縛りなしWiFi
縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、月額3,300円で月間データ容量無制限で使えるポケットWi-Fiサービスです。
シンプルな料金設計が魅力で、通信サービスを契約する際にネックとなる「契約期間」を気にしなくてよいサービスです。

「縛りなし」で「いつでも解約できる」サービスなので、ポケットWi-Fiを長期間利用予定の無い方、例えば単身赴任の方などにはうってつけのサービスです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました